駅前教会について (歴史、声明、年間聖句)

立川駅前キリスト教会は伝統的なプロテスタント教会で、JECA(日本福音キリスト教会連合)に加盟しています。


駅前教会の歴史

1974年10月6日。立川駅前キリスト教会は産声をあげました。

教会創設者は、R・リーズナー宣教師。第二次世界大戦が終わった時、戦争のためにではなく、平和のために宣教師となって日本に行きたいと祈った方でした。

ミネソタ出身の若者の祈りはこたえられ、戦争から6年後には来日。その最後の奉仕先が立川でした。1984年1月4日、現在の教会堂が落成。

1992年にはリーズナー師に代わって高橋和義牧師が着任しました。

その後は、日本福音キリスト教会連合加盟、上水めぐみキリスト教会開始、宗教法人として設立などがあって、2009年10には教会創立35周年を祝いました。

高橋和義牧師は2011年6月末に辞任しました。2012年4月から1年限りの約束で那須勝信牧師が主任牧師を務めました。2013年4月、高田文彦牧師が主任牧師として着任しました。

「聖書に立脚、地域に密着」で、すべての人に開かれた、信仰の自由さがあふれる教会となっていきたいと願っています。


「立川駅前キリスト教会」声明

立川駅前キリスト教会は

  1. 主を中心とする霊的でいきいきとした礼拝と聖礼典を行い、
  2. 礼拝を核として信徒の活動、証し、個人伝道、小さな交わりによって伝道し、
  3. みことばの忠実な学びによってさらに信仰に成長し、
  4. キリストが与えて下さった豊かで実際的な交わりを喜び、
  5. 世界宣教と社会の必要に熱心に取り組み、
  6. 祈りのうちにこれらすべてをバランス良く、
  7. 主の弟子として整えられた信徒の自発的な奉仕によって、

神の栄光を人々に現すことに献身する教会です。

2017年度の目標聖句

◆ヨハネの福音書15章4節

「わたしにとどまりなさい。わたしも、あなたがたの中にとどまります。枝がぶとうの木について

いなければ、枝だけでは実を結ぶことはできません。同様にあなたがたも、わたしにとどまって

いなければ、実を結ぶことはできません。」


2016年度の目標聖句

◆テモテへの手紙第二3章16,17節

「聖書はすべて、神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です。それは、神の人が

すべての良い働きの為にふさわしい十分に整えられた者となるためです。」


2015年度の目標聖句

◆使徒の働き9章31節

「こうして教会は、ユダヤ、ガリラヤ、サマリヤの全地にわたり築き上げられて平安を保ち、主を恐れかしこみ、聖霊に

励まされて前進し続けたので、信徒の数がふえていった。」


2014年度の目標聖句

◆ローマ人への手紙2章10節

「そういうわけですから、兄弟たち。私は、神のあわれみのゆえに、あなたがたにお願いします。あなたがたのからだを

神に受け入れられる、、聖い、生きた供え物としてささげなさい。それこそ、あなたがたの霊的な礼拝です。」

————————————————————————————————————————————

2013年度の目標聖句

◆詩編1篇2節

「まことに、その人は主のおしえを喜びとし、昼も夜もそのおしえを口ずさむ」

◆エペソ人への手紙2章10節

「私たちは神の作品であって、よい行いをするためにキリスト・イエスにあって作られたのです。

神は私たちが良い行いに歩むように、その良いおこないをもあらかじめ備えてくださったのです。」


2012年度の目標聖句

◆詩篇65篇2節

「祈りを聞かれる方よ。みもとにすべての肉なる者が参ります。」

◆エペソ人への手紙6章18節

「すべての祈りと願いを用いて、どんな時にも御霊によって祈りなさい。」


2011年度の目標聖句

◆ミカ書6章8節
「主は何をあなたに求めておられるのか。それは、ただ公義を行ない、
誠実を愛し、へりくだってあなたの神とともに歩むことではないか。」

◆エペソ人への手紙2章19節
「こういうわけで、あなたがたは、もはや他国人でもなく寄留者でもなく、
今は聖徒たちと同じ国民であり、神の家族なのです。」


2010年度の目標聖句

◆箴言17:17
「友はどんなときにも愛するものだ。
兄弟は苦しみを分け合うために生まれる。」

◆第一ヨハネ1:7
「しかし、もし神が光の中におられるように、私たちも
光の中を歩んでいるなら、私たちは互いに交わりを保ち、
御子イエスの血はすべての罪から私たちをきよめます。」


Comments are closed.